自動車保険の選び方・見直し

総合記事一覧

示談交渉サービス

「示談交渉サービス」の付いた自動車保険なら、交通事故に遭ってしまった自動車保険契約者の同意を得て、代わりに「折衝」「示談」「調停」「訴訟」などの手続きを行なってくれます。事故相手との交渉は、あまり自分ではやりたくありませんし、ほとんどの人は初めての経験なので自信がないことも多いでしょう。しかし、「示...

≫続きを読む

PAP(自家用自動車保険)

「PAP(自家用自動車保険)」は、「パッケージ・オートモービル・ポリシー」の略語で、「対人賠償」「対物賠償」「無保険車傷害」「自損事故」「搭乗者傷害」の保険が、基本パッケージになった自家用向けの自動車保険です。パッケージ商品のため、保険を自由に組み合わせて契約するような選び方はできませんが、営業用の...

≫続きを読む

SAP(自家用自動車総合保険)

「自家用自動車総合保険(SAP)」は、「スペシャル・オートモービル・ポリシー」の略語でパッケージになった自動車保険の中では、もっとも保障が充実した商品です。「自家用自動車総合保険(SAP)」は、自家用自動車保険(PAP)に、車両保険を付加した自動車保険で、「対人賠償」「対物賠償」「無保険車傷害」「自...

≫続きを読む

BAP(一般自動車保険)

「BAP(一般自動車保険)」は、「ベーシック・オートモービル・ポリシー」の略語で、必要な商品を選び、自由に構成可能なパッケージタイプの自動車保険です。「PAP(自家用自動車保険)」や「自家用自動車総合保険(SAP)」では、不必要な保障が含まれるため、必要最小限の保険を選び、自動車保険料を節約したいと...

≫続きを読む

ドライバー保険

「ドライバー保険」は、免許証を持っているものの、自動車は所有していない、ペーパードライバーの方向けの保険です。「ドライバー保険」では、レンタカーや、友人の自動車を借りたときに起こしてしまった自動車事故を補償してくれます。「ドライバー保険」が補償するのは、「対人賠償保険」「対物賠償保険」「搭乗者傷害保...

≫続きを読む

無料特典「医療アシスタントサービス」

自動車任意保険に加入すると付いてくる無料特典のひとつが、「医療アシスタントサービス」です。「医療アシスタントサービス」は、自動車事故が原因で怪我を負ってしまったときなど、自動車保険会社が「休日・夜間」に治療を受けられる救急病院を紹介してくれたり、応急処置の方法を教えてくれたりする無料サービスです。ま...

≫続きを読む

無料特典「カーライフ相談」

「カーライフ相談」は、自動車保険の加入者向けに行う自動車に関する相談サービスで、ソニー損保は「one on one クラブ」(会費:無料)のメンバーサイトが作られていたり、あいおい損保では「IOI倶楽部」と名付けられたフリーダイヤルに連絡して相談するサービスが行われています。自動車保険会社の専門のス...

≫続きを読む

無料特典「無料ロードサービス」

自動車保険に付く特典のひとつ「無料ロードサービス」は、契約した自動車が故障したり、事故を起こしたりしたときに、レッカー車の手配などをしてくれるサービスです。「無料ロードサービス」は、自動車保険の保障とは直接関係のない、バッテリー上がりや、キー閉じ込み、パンクなどのトラブルでも、365日24時間、現場...

≫続きを読む

無料特典「事故証明取得サービス」

「事故証明取得サービス」も、自動車保険に付くことのある無料特典です。「事故証明取得サービス」は、自動車保険の保障で受け取ることのできる保険金を請求するとき必要となる「事故証明書(交通事故証明書)」を、保険会社が、各都道府県の自動車安全運転センターから取得してくれるサービスです。通常は、交通事故を起こ...

≫続きを読む

無料特典「法律相談サービス」

「法律相談サービス」は、多くの自動車保険会社が行っている無料サービスですが、事故を起こした(事故に巻き込まれた)ときには、とても便りになる無料特典です。「法律相談サービス」を担当してくれるのは、保険会社と契約した顧問弁護士、指定弁護士なので、信頼できる回答が得られるほか、無料で相談に応じてくれるため...

≫続きを読む

自動車保険の選び方「車両料率クラスとは」

一緒に暮らしいてる双子の兄弟の自動車保険料にあまりにも違いがあるため、保険会社を変え、保険の選び方を変え、いろいろ探してみたけど、やはり保険料に開きがあると悩まれている方がいたとします。保険料の違いは、「年齢」「等級」「保障内容」によっても発生しますが、中でも車両保険料を決める大きな要素のひとつが「...

≫続きを読む

自動車保険の選び方「料率クラス分け」

自動車保険の保険料を決める要素のひとつ「料率クラス」について覚えておくことは、自動車保険の選び方を考えるためにも大切です。「料率クラス」というのは、契約する自動車の車種や型式ごとに、過去の事故率や修理代金などをデータとして集めて算出した保険料区分であり、9つのクラスに分類されています。「料率クラス」...

≫続きを読む

保険の自由化

1997年の日米保険協議と、1998年の自動車保険完全自由化が、自動車保険の選び方を変えたといえるでしょう。一昔前の自動車保険は、自動車保険料率算定会が算出した料率を利用して、保険料を決めるように法律で義務付けられていました。しかし、1998年の保険の自由化以降、損害保険各社から、多種多様な商品が販...

≫続きを読む

ダイレクト系

1998年の自動車保険完全自由化に作られた、通販形式の自動車保険会社が、「ダイレクト系」と呼ばれる自動車保険会社です。「ダイレクト系」自動車保険会社の商品は、お得な自動車保険の選び方には欠かせない存在になっています。代表的な「ダイレクト系」自動車保険会社には、「アメリカンホームダイレクト」、「ソニー...

≫続きを読む

ダイレクト系は安くなる?

お得な自動車保険の選び方には欠かせない存在となった「ダイレクト系」自動車保険会社の商品が、格安といわれる秘密は、中間マージンと、人材に掛かるコストを限りなく省いた結果でしょう。「ダイレクト系」の自動車保険では、インターネットや電話などを通じて、直接自動車保険会社と取引します。従来の自動車保険販売方法...

≫続きを読む

安さ重視

自動車保険を選ぶとき、「安さ重視」の選び方なら、間違いなくダイレクト系を選ぶでしょう。最近では、ダイレクト系の自動車保険会社も増えたため、「安さ重視」しつつも、複数のダイレクト系から、自分に合った自動車保険を選ぶことができるようになりました。ただし、条件によっては、ダイレクト系の扱う「リスク細分型保...

≫続きを読む

貯蓄性を重視

ダイレクト系に多い外資系自動車保険会社は、コストダウンとリスク細分型保険で、保険料の安さを追求してきました。国内に古くからある自動車保険会社が追求してきたサービスが、自動車保険の枠を超えた保障の充実でしょう。「三井住友海上」や「日新火災」、「日本興亜損保」などの自動車保険会社が行っている、満期払戻金...

≫続きを読む

リスク細分型保険

「リスク細分型保険」は、運転者や自動車に対するリスク(事故を起こす確率と予想される損害)を、細かく分けて保険料を算出する保険です。リスク細分型自動車保険は、保険契約者の年齢や事故履歴(等級)、保険に加入する自動車の種類などに応じて発生するリスク(危険度)を区分けし、リスクの少ない契約者と自動車の保険...

≫続きを読む

格付

自動車保険の選び方のひとつが、「財務力」や「保険金支払能力」を参考に、安心できる自動車保険会社を選ぶことです。企業の債務履行能力を評価する「格付け」と呼ばれる制度があります。代表的な格付機関である米国のスタンダード&プアーズ社(S&P社)が付けた、主要損害保険会社の保険財務力格付を下記に示します。・...

≫続きを読む

情報共有

「自動車保険会社を変えたら、等級が6から再スタートするのでしょうか?」等級が低くなってしまった方なら、誰もが一度は考えることだと思いますが、損害保険会社およびJA共済、全労災の間では、相互にドライバーの事故情報が共有されているため、自動車保険会社を変えても等級は変わりません。また、事故情報を共有して...

≫続きを読む

情報共有と事故データ

損害保険会社およびJA共済、全労災の間では、相互にドライバーの事故情報を共有しています。情報共有のおかげで、自動車保険会社を問わない保険の選び方ができるようになりました。等級の下がってしまった方にとってはデメリットですが、等級の高い方にとってはメリットですね。今では、ほとんどの自動車保険会社が情報の...

≫続きを読む

共有情報を消すには

保険選びとは直接関係ありませんし、あまりオススメできない方法ですが、オンラインで共有している等級情報を合法的に消すこともできます。仮に等級が下がってしまったとしても、13ヶ月間自動車保険に入らなければ、新規6等級からスタートします。13ヶ月間自動車保険に入らずに運転するのは無謀なので、自動車に乗らず...

≫続きを読む