自動車保険の選び方・見直し

等級記事一覧

等級別料率制度

自動車保険の等級は、1等級から20等級まで分けられていて、等級の数字が大きければ大きいほど、事故を起こさない優良なドライバーとして自動車保険料は安くなっていきます。自動車保険の「等級別料率制度」とは、無事故の優良ドライバーの保険料を毎年安くしていくように設定し、反対に、事故を起こし保険を使ったドライ...

≫続きを読む

等級の据え置き

自動車保険の「等級別料率制度」では、無事故の優良ドライバーの保険料を毎年安くしていくよう等級を上げ、反対に事故を起こして保険を使ったドライバーは、保険料を高くするため等級を下げるようになっています。そのため、事故を起こしてしまったときでも、損害の負担額が小額ならば、自動車保険を使わず自費出費にした方...

≫続きを読む

等級据え置き事故

各自動車保険会社では、保険を利用しても等級が据え置きになる「等級据え置き事故」と呼ばれる条件を設定しています。「等級据え置き事故」の条件に合致するときは、保険金を受け取ったとしても、自動車保険の等級が下がらないため、契約者としても安心して保険が利用できるわけです。一般的な「等級据え置き事故」の条件に...

≫続きを読む

車両危険限定担保特約

「車両危険限定担保特約」は、通称「限定A」とも呼ばれている、車両保障の範囲を「Accident(災難)」に限定して保険料を安くする特約です。保険料を安くする特約なので、事故のとき役立つ自動車保険の選び方とは若干違いますが、保険料が下がって手軽に契約できるようになれば、もしものときにも役立てることがで...

≫続きを読む